脂肪冷却(クールスカルプティング)前にはハイパーナイフがおすすめ

脂肪冷却「クールスカルプティング」とは

脂肪冷却「クールスカルプティング」とは、脂肪細胞を-4℃に凍らせることで死滅させる最新の痩身手法です。

脂肪細胞そのものが減るので、リバウンドしないのが嬉しいことです。

脂肪吸引と違ってカラダに傷をつけないので、ダウンタイムがありません。

術後も当日から普通に生活できます。

脂肪吸引は術後しばらく激痛です、、

ちなみに医療施術なので<湘南美容クリニック>などで受けられます。

脂肪冷却の効果

脂肪細胞が大きいほど凍結しにくいです。

そのため脂肪冷却の効果を最大まで発揮させるためには、事前に少しでも脂肪を小さくさせておくことが理想です。

事前に脂肪を小さくしておくと、一度の脂肪冷却でたくさんの細胞を凍らせることができます。

つまり脂肪冷却の効果を高めてくれます。

てっとり早い方法がハイパーナイフです。

ハイパーナイフとは?

高周波によって脂肪を分解し、小さくしていく痩身施術です。

医療技術ではないので、エステサロンでも受けられます。

また、ハイパーナイフを受けているとカラダの代謝も上がるので、死滅した細胞の排出も早まります。脂肪冷却後の結果も早く出る様になるわけですね。

1週間前まで

クリニックにもよりますが、私が脂肪冷却をした時は 事前問診で「1週間前までに痩身エステを受けていないか?」という質問をされました。

3日前・5日前という友人もいましたので、クリニックにもよるのかなと思います。

熱が残っていてうなく冷却できなくなることもあるそうです。

ハイパーナイフはポカポカした状態が3〜5日くらい続くので、1週間くらい前に止めておくのが良いでしょう。

ハイパーナイフの再会は?

冷却後は1ヶ月くらいで死滅した脂肪細胞が排出されます。

そのため1ヶ月後くらいから徐々にハイパーナイフは再開できます。

ただ、そのことにはだいぶ脂肪が落ちています。

皮のたるみのケアの方が必要になると思いますので、吸引エステ『ハイパーシェイプ』の方がおすすめかもしれません。

 

【関連記事】ハイパーナイフとハイパーシェイプの違いは?|エステ先生

 

タイトルとURLをコピーしました