ハイパーナイフ

ハイパーナイフ

ハイパーナイフって肝臓に負担がかかる?

ハイパーナイフを受けると温熱効果によって脂肪が分解されます。 この時 カラダに蓄積されている脂肪は、まず"遊離脂肪酸"になります。 この遊離脂肪酸が 肝臓で中性脂肪に変えられます。 運動などによって中性脂肪が燃焼し...
ハイパーナイフ

脂肪冷却(クールスカルプティング)前にはハイパーナイフがおすすめ

脂肪冷却「クールスカルプティング」とは 脂肪冷却「クールスカルプティング」とは、脂肪細胞を-4℃に凍らせることで死滅させる最新の痩身手法です。 脂肪細胞そのものが減るので、リバウンドしないのが嬉しいことです。 脂肪吸引...
ハイパーナイフ

エラの張った四角い顔はハイパーナイフでも治る

エルが張って顔が四角くなってしまう原因は主に4つあります。 ①:むくみ・脂肪 ②:咬筋の肥大 ③:リンパ腺の腫れ ④:骨格 上①と②の場合に限ってはハイパーナイフでも直すことができます。 ③は今すぐ内科へ行ってくださ...
ハイパーナイフ

トウレスカラットで糖化によるシミが消える?

最近発売された『トウレスカラット』は糖化によるシミを薄くしてくれる、抗糖化サプリメントです。 今通っているエステサロンで試供品としていただきました! さすがに"シミが消える"ところまではいきま...
ハイパーナイフ

ハイパーナイフのサロン価格は値下げられる?【交渉のコツは?】

現在、本体価格200万円 エステサロンの設備投資としてはけっこう高額です。 そこでサロン価の値下げ交渉でどこまで下がられるか?が、大きな節約になってきます。 風習としてエステ機器は20%くらい値下がります。 ...
ハイパーナイフ

ハイパーナイフを2回受けて効果がない人はEMSがおすすめ

ハイパーナイフを受けて効果がない場合、考えられる理由は2つです。 エステティシャンの腕が悪い ハイパーナイフが合わない 解説していきます。 ①エステティシャンの腕が悪い ハイパーナイフはエステティシャンの技術によっ...
シークレットメス

シークレットメスとハイパーナイフ-サロンに導入するならどっち?

結論から言えば スペックを重視するならシークレットメスがおすすめ ハイパーナイフは認知度は高いので集客できる です! シークレットメス シークレットメス には サーマルフラクショナル キャビテーション ...
ハイパーナイフ

ハイパーナイフを受けている時はマスクをしない方が良い

ハイパーナイフは痩身エステでよく利用されています。 ボディ施術時には顔はあくの"マスク着用"となることがあります。 しかしながら痩身の観点から言えば「マスクは外した方が良い」です。 理由は以下 マスクで痩身効果ダ...
ハイパーナイフ

ハイパーナイフとハーブザイムで痩せる?【体脂肪25.5%→20.8%】

ハイパーナイフ 高周波によって脂肪や老廃物を溶かして流す、エステ業界で人気の痩身マシンです。 ※名前は怖いですが痛い施術ではありません。 温かく気持ちいい施術で、エステティシャンの実力が良いと1回でも驚くほど細くなりま...
ハイパーナイフ

ハイパーナイフは熱いと効果がないので気を付けてください

ハイパーナイフは出力レベルを調整す流kとおで温める力を上げたり下げたりすることができます。 お客様の脂肪量や筋肉量によって変動させていきます。 気をつけて欲しいのは「熱いほど効果がある」は間違いです。 無理せず熱い時はスタ...
タイトルとURLをコピーしました