ハイパーナイフとビーナススワンはどっちの方が痩せる?

結論から言えば、どちらも痩せます。

ただし痩せ方は少し違います。

  • ハイパーナイフ →脂肪が小さくなる
  • ビーナススワン →脂肪細胞が死滅する

というような違いがあります。

どちらも同じくらいのサイズダウン・減量になりますが、ビーナススワンは脂肪細胞を減らすので、リバウンドの可能性は低いです。

ハイパーナイフは脂肪を溶かす

ハイパーナイフは最大42℃にまで脂肪を温めます。

脂肪細胞は42℃になると、リパーゼという酵素が活性化し、脂肪の分解をはじめます。

ハイパーナイフは間接的に脂肪を溶かしていくイメージです。

脂肪細胞が小さく(正常な大きさに)なるので、わりと早くサイズダウンが実感できます。

メーカー:株式会社ワム

ただし脂肪は小さくなっているだけなので、リバウンドの可能性もあります。ホームケアが必要になってきます。

ビーナススワンは脂肪を死滅

対してビーナススワンは45℃にまで脂肪を温めます。

この温度は細胞が死滅し始める温度で、これにより脂肪細胞を直接取り除いていくことができます。

この場合、リバウンドはしません。また、脂肪細胞は生まれつき数が決まっているので、また新しい脂肪細胞が生まれることもありません。

なので、どちらかと言えばビーナススワンの方が痩身効果は高いでしょう。

メーカー:株式会社NBC

注意点

脂肪細胞を死滅させる施術というのは、厳密には医療行為なんですよね。

なので本来はエステサロンで受けてはいけないんですが、グレーゾーンになっているのが現状です。

可能ならクリニックで受ける方が良いでしょう。

脂肪冷却が主流に

最近のクリニックの痩身では冷却が主流になっています。有名どころでは 湘南美容クリニックさんも、この方法を取り入れています。

原理は同じで、マイナス温度になった脂肪細胞の自然死を利用します。

これで余分な脂肪を取り除くわけですが

温熱よりも火傷のリスク少なく、一度に多くの脂肪を取り除けます。リバウンドがないので、痩身効果も非常に高いです。

ただし、この手法も医療行為ですので クリニックで受けるようにしてください。

▶︎細胞から痩せる。メディカルサイズダウン 湘南美容クリニック 

 

タイトルとURLをコピーしました